ご挨拶

八千代市芸術文化協会
(以下、芸文協)は、八千代市から支援を受けた美術
団体で、会員は世間で著名な美術団体に所属・活躍している八千代市内在住
の、画家、書家、彫刻家、工芸家、写真家の芸術家集団です。

芸文協の主たる事業は、八千代市の依頼に基づき八千代市オーエンス市民
ギャラリーで年1回作品を発表し、八千代市の芸術文化の向上に務めること、
そしてまた春には市民写生会を実施し、市民との融和・親睦を計り、市民
の芸術文化の高揚および振興を推進することです。

写生会での作品は、後の八千代市芸文協美術展と同時開催される八千代市
市民写生会展で展示され、市民の皆様にご鑑賞戴くことになっております。

また、八千代市芸文協ネット美術館(芸文協のホームページ)では、八千代市
芸文協美術展、八千代市市民写生会展の出品作品を展示することを始めとし
て、東京都美術館・国立新美術館・千葉県立美術館にて開催される公募展に
て出品された会員の作品を発表・展示、全世界に広く情報発信して、八千代
市の芸術文化を周知する役割を担っております。

もう一つの大きな事業といたしましては、会員の芸術レベルの向上(自己
研鑽)と親睦を目的として、会員研修会を企画し実施しています。

この八千代市芸文協ネット美術館は、各会員への連絡手段・情報交換・
親睦の場としても活用するべく開設しています。

芸文協の将来の目標としましては、公募制を取り入れる状況下・環境下
となり、市内に隠れた芸術家の作品が発表でき、これにより八千代市内
の芸術家の発掘や育成等に寄与できることが望まれます。 
そのときの展覧会は八千代市美術展となり、千葉市展、船橋市市展や
佐倉市美術展と同様の望まれる展覧会となることでしょう。

またさらに思うことは、八千代市をよりすばらしい芸術文化の街とする
ために、発表の場でありますオーエンス市民ギャラリーがより良い交通
手段のバス・ルートの再構築がなされる必要を感じます。
今は不便でなかなか見に行けないこと、宝の持ち腐れ、形作って魂を入れず
の感があります。

八千代市は、市内在住の著名な芸術家達を集めて市内での作品発表を目的
として創設した芸文協を、芸文協の発足当初以上の支援が切に望まれる
ところであります。
行政機関には是非とも前述の事項を十分に考慮願いたいと思います。

最後になりましたが、市民の皆様方には、今後とも私どもをご支援・ご指導
のほどお願いするとともに、なにかの疑問点、ご意見や要望等がございまし
たら、ご連絡をいただければありがたく存じます。

          2019年10月吉日  芸文協:広報部長 小野惠市